合成繊維熱処理用ロール

航空宇宙材料からファッション素材まで

超高強度で耐熱性に優れたスーパー繊維、独特の風合いを持つ新合繊。これらの繊維の製造工程では、紡糸後、加熱しながら糸を引っ張る「熱延伸」が重要な意味を持ちます。この工程でジャケットロールは、時速400キロメートルの高速延伸で繊維を高精度に熱加工し、分子の配列を整え、ムラがなく均一に結晶化することができます。この技術によって、どこまでも均質で強い素材品質を生み出しています。

主な用途先

  • 合成繊維
  • カーボンファイバー
  • スパンデックス
  • 誘導発熱ジャケットロール 「省エネ・ランニングコスト削減」事例
  • 誘導発熱ジャケットロール パンフレットダウンロードフォームはこちら

誘導発熱ジャケットロール製品一覧

製品に関するお問い合わせはこちら

  • トクデン株式会社 京都営業課:075-581-5691
  • メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ