新型ハイブリッドロール

冷却時間を最大85.7%(※)短縮可能。水もオイルも使わない全く新しいロールが誕生しました。

※当社、自然冷却式従来製品との210℃から50℃までの冷却時間の比較
(条件/ 対象ロール寸法:Φ250×1400mmFLロール 回転数:90rpm 周囲温度:10℃)

空冷式の新型ハイブリッドロールは、ヒートロールとクーリングロールの役割を1本で果たします。
誘導加熱による優れた昇温性能と、ブロアによる降温性能を兼ね備えることで、熱加工工程の時間と設備コストを大幅に縮小できると共に、理想的な加熱・冷却バランス運転(温調運転)を実現します。
特に、フィルムなど基材入口温度がロール温度より高い場合のバランス運転(温調運転)に適しています。
何より、水もオイルも使わないので水漏れ・油漏れによる故障のリスクがありません。

新型ハイブリッドロール 5つのメリット

  • ロールの冷却時間を最大85.7%(※)短縮可能です。
  • 水漏れ・油漏れによる故障のリスクがありません
  • 下限がなく、最高400℃までの温度設定が可能です。
    ※周囲温度以下にはなりません
  • ロールの表面温度を均一に保ちます
  • 極めて高い温度制御性を実現します。

主な用途先

  • フィルム延伸
  • アニーリング
  • 多品種ラミネート など
  • 誘導発熱ジャケットロール 「省エネ・ランニングコスト削減」事例

製品に関するお問い合わせはこちら

  • トクデン株式会社 京都営業課:075-581-5691
  • メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ